KOBIRAでは年功序列ではなく、独自の年俸制による給与体系を導入しております。

 

各事業所で設定された計算式により、各個人の達成利益が直接的に給与に反映されます。
基本ルールとしては、各事業部の経常利益の2割を配分するルールを採用しており、年齢や採用年数に関係なく、努力をして結果を出せた社員が最大限に利益を取るような制度設計をとっております。また、他の利点としては、数値ベースで給与が決定されるため、上司の好き嫌いが部下の給与査定に反 映される余地のない点があります。

 

過去の例として社長と同レベルの給与を取得した例もあり、出た結果によって経営陣を超える給与を社員が取ることも保証します。