農業事業

小平株式会社においては、地域における雇用の創出ならびに消費者ニーズの高い安全な食品の安定供給を目的として、農業分野に参入し、2009年7月に生産法人のオリザ鹿児島ファーム株式会社を設立いたしました。

オリザ鹿児島ファーム㈱では味の濃さにこだわったミニトマトの栽培をIT管理された約8000m2のハウスで行っています。2019年にNECキャピタルソリューション株式会社に一部株式譲渡を行い、小平社と NECキャピタルソリューション社との共同事業として運営しております。

栽培モデル

〈ミニトマト ココバッグ養液点滴栽培〉
弊社では、糖度をあげるための潅水制御を容易にし、また病害伝染性の病気を防ぎ、農薬使用量を減らすためにヤシ殻繊維を利用したバッグ栽培を採用しております。

また、農場全体にモニタリング装置を導入し、数値化、標準化を徹底しています。品種も栽培が難しいためほとんど採用されていない特殊な品種を使用することで通常のミニトマトよりも甘みと酸味のバランスの良い”濃いトマト”を生産し、好評をいただいております。